木地屋渓谷  ~明るくて広いナメの沢だった~


2019年9月7日、高山市(旧丹生川村)木地屋渓谷に山岳会の仲間と行った。

01トップの写真

 

今年初めての沢だった。8月の猛暑の前は雨にたたられて、それが済んだと思ったらあの暑さ。畑の草はこれをばかりに生い茂り、外は暑くて草刈りができる時間は限られていて、しかし、刈り取るべき面積は広く、そんなこんなで8月は疲れていた。山も最初の土曜日、8月3日の山岳会の事業である登山道整備(登山道の草刈り)の一日だけだった。

体力に自身がなかった。会のメールで沢の案内があり、行きたいけれど行けるのかと少々不安だった。ネットで見ると高山市(旧丹生川村)の木地屋渓谷は、「沢登りでなく沢歩き」などと書いてあり、写真を見てもクライミングが必要な滝はなさそうで、これなら大丈夫と「行きます」と返信した。

9月7日、福井集合5時。M田、K藤、K尾、Hの4人が集まった。大野からはY女子が加わった。油坂越えで高山市に入り、沢のすぐそばの林道に車を止めたのは8時前だった。入渓8時、透明度の高い水が流れている。
803入渓谷

 

外気温は30度を超えているが沢は別世界、水に足を浸けてバシャバシャと気持ちよく歩き始める。ナメの沢であるのが入ってすぐに分かる。川底の岩は薄い茶色、水量は多い。

807水量多い 822最初の滝でない
滝とも言えない落差の流れをうれしくなって登っていく。

823キラキラときれい

 

嬉しくてはしゃぎの気分が出始めるH。
837喜ぶH

 

30分歩いて休憩。いつもより早いが誰も文句はなし。

839休憩

 

歩き始めて55分、最初の滝が現れる。水量の少ないときは滝に突入して直接越えているとネットの記事を見てきたM田さんの説明だが、今日は無理。こんな流れに突入したら押し流されてしまう。右岸の階段状の岩を登る。かっこよく立っているK尾さん。

855最初の滝

 

9:20、二番目の滝。これが見えたときK尾さん曰く「福井風の滝だね」と。流れはきつく水量もおおいが、ここも右岸の階段状の岩を歩いて簡単に通過。きれいに作られた階段を思わせる。

919二番目の滝 921二番目の滝は右岸を

 

広くて明るい沢、ジャブジャブが続く、続く。もう言うことなし!
926広くて明るい沢
952三番目の滝の上から 958三番目の滝を越えて 1016いつまでもナメ

 

歩き始めて2時間半、二俣が見えてきた。谷に橋が架かっている。左の上に小屋も見える。ここまでと決めていたのでここで沢を出た。

1035小屋が見えた 1034二股に来た

 

はい、終了!
1037ハイ終了

 

小屋で昼食にする。ゆっくり休む。濡れた沢靴を乾いたスニーカーに履き替えて林道を下りる。沢を歩いているときは登っている感覚はなかったが、こうして林道を下りるとけっこう登ってきたのが分かる。

1039小屋

 

1154林道から見た沢 1203車の所へ

小屋から40分ほどで駐車場所に戻った。お風呂は丹生川ダムからすぐの「荒城温泉恵比寿の湯」、源泉かけ流しの湯は温度21度だったが熱い風呂と交互に入り身体の疲れがすべて消えた。

行ってよかった、誘ってもらって感謝・感謝であった。



Author

早川 博信

早川 博信

 

一念発起のホームページ開設です。なぜか、プロフィールにその詳細があります。カテゴリは様々ですが、楽しんでもらえればハッピーです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>